メイク ミネラルファンデーション

肌がきれいに見えるファンデーションの塗り方

初めてメイクするときに選ぶファンデーションには、多くの人がパウダーファンデーションを買ってみると言われています。 使い勝手がよく、ふわりと肌に乗せるだけで毛穴が目立たなくなって、まるで一枚のベールをまとったようにふんわりと仕上り、気になる肌の軽めのしみなどは十分に隠してくれる効果があります。


基本のファンデーションの塗り方

また、最初にスポンジで顔全体に塗ってから、仕上げに大き目のブラシにパウダーファンデ゙をとって顔の真ん中から外側に向かってふわっと撫でていきます。
こうすることで肌感がふんわりとした雰囲気になります。
目立つ毛穴やニキビ跡などの気になる部分があると、パウダーファンデーションだけでカバーするのはちょっと難しい場合もありますが、気になるシミやニキビ跡などはコンシーラーを使用して事前に隠してからパウダーファンデーションを使うのがおすすめです。

化粧直しはどうするの?
夕方になって化粧崩れが気になるときには、脂取り紙やティッシュなどを使って余分な脂を取り除き、上からさっと塗りなおすことでキレイなベースメイクを復活させられるのがパウダーファンデーションの魅力です。


メイクに時間やテクニックがそれほど必要なく、手軽に簡単に使えてしまうことが、メイク初心者からパウダーファンデーションが多く選ばれる理由です。
手軽に使えて使い勝手が良いのが魅力のパウダーファンデ゙ですが、粉っぽい感じがするのが気になるという人もいます。
粉っぽさが気になるときには水ありタイプのパウダーファンデを選ぶのがおすすめです。
このタイプはスポンジを水で濡らしてから使う塗り方をするもので、この塗り方をすることで肌に対する密着感がアップし、粉っぽさを感じにくくなります。
パウダーファンデーションを水なしで使ってから、上から化粧水などのスプレーを吹きかけるのも効果的です。
そして朝メイクをするときには水ありでメイクをしても、会社などの出先で化粧直しをする時に水なしで使用したほうがきれいに仕上がります。

ベースメイクの選び方

化粧をする際にベースメイクはとても大事です。 しかし、自分に合う商品を見つけることはなかなか難しく、特にファンデーションの選び方については多くの女性が悩んでいると言われています。
年齢や肌質などによって選ぶべきファンデーションは変わってきます。
その選び方について解説をしていきます。

まず直面するのが、リキッドタイプとパウダータイプどちらを使うべきかという悩みでしょう。
他にも、クリームタイプやスフレ、ムースタイプもあります。
それぞれに特徴がありますので、自分が求める効果を期待できるものを選ぶことが大切です。

リキッドタイプやクリームタイプはカバー力が高いものが多く、油分を多く含んでいるため乾燥肌や普通肌の人におすすめです。
パウダータイプは均等に塗りやすいですが、乾燥しやすいため普通肌や脂性肌の人に向いています。
自分の肌質を考えたうえで、好みに合うものを選んでみて下さい。

他に用途によって使い分けるという方法もあります。
パーティや遊びに行くときはしっかりメイクをするためにリキッドタイプのファンデーションを使い、普段は軽い付け心地のミネラルファンデーションパウダーファンデーションを使うようにするという方法です。
この使い分けをすれば、常にしっかりメイクをしているよりも肌への負担は軽くなりますし、普段のメイクをする時に時間を短縮することができます。
何種類もファンデーションを購入する必要がありますが、肌のことを考えると高い買い物では無いでしょう。

次に着目したいのは、色選びです。
色白の人と色黒の人では使うべき色が異なります。
色黒を隠したくて白すぎる色を選んだりすると、違和感のある仕上がりになってしまいます。
そのため、自分の肌の色に合うファンデーションを選ぶようにしましょう。

安い値段の商品だからといって、何も考えずにすぐに購入してしまうと、無駄な買い物になってしまうかも知れません。
自分の肌に合うファンデーションを選ぶように心がけることが大切なのです。


人気の記事ランキング